Webマーケティング

ブログを書いてホームページを育てよう

ホームページは作って終わりではなく、むしろ始まり。
育てることが大事なんですよと、いつもお客さまにお伝えしているのですが、そうは言っても何をどう育てればいいのかわからない、と言われます。

  • サービスが変わることもないし、お知らせすることなんて無い
  • 実績?お客さまの声?そんなに頻繁に出せることなんて無い
  • うちが発信することなんて、みんなおんなじこと書いてるし目新しいことなんて無い
  • いやいや、うちのサービス内容は企業秘密だから書けることなんて無い

こんな声が多いでしょうか。

”育てる”と言うと一番簡単な”ブログを書く”という方法があります。
「コンテンツマーケティング」というものですが、簡単にしかも費用をかけずに取り掛かれるものでありながら、非常に難しい手法です。
実際、ブログ機能をもったホームページを作った、無料ブログを使っている、と環境は用意してあっても定期的に発信している、と言う企業は少ないのではないでしょうか。

今日はブログを書いてホームページを育てる、と言う点について考えたいと思います。

そもそもブログとは何を書けば良いのか

もともとは、ベンチャー企業の経営者がこぞってブログをはじめて、日常をさらけ出したことで人気が出ました。
そして芸能人や有名人が始めるようになり、一般の方もどんどん発信するように。

そんな中で、「ためになること」「悩みが解決できそうなこと」「知りたいこと」が書いてあるブログが人気が出るようになります。
それがだんだんと、集客ブログ、という形に変わっていったわけですね。

これがブログの原点。

私の知っていることが、誰かのお役に立つ。
それが出来るのがブログなんです。

でも、意気込み過ぎると、不思議なことに書けなくなってしまうっていう方が意外と多い。
無料ブログならサクサク書けたのに、ワードプレスにした途端にハードルが上がってしまったりという方も。

ぶっちゃけ、”ホームページを育てる”ことが実際に出来ている企業なんて一握り。
ホームページでコンテンツを育てることは企業にとって重要な戦略の一つ。そんなことはわかってますよね。

でも、わかっているのにやらない(やれていない)のなら、とても勿体無い話。もし自社ホームページの中にブログを書ける状況が揃っているのでしたら、気軽に書いてみるところからはじめてみて欲しいです。

折しも、自粛自粛でお篭り生活が続いている時。
もしかしたらこんな時こそブログを書く時かもしれませんよ!?

マニアックぶりを発揮しよう

これまで沢山のお客さまにお会いしてきましたが、みなさん本当にマニアック。
自社のサービスのこと、事業のことを長く積み上げてきたプロ中のプロ。そして、全然PRしていないはずなのに、●●さんにお願いしたい、と言われてしまうような方々なのです。

ブログには、是非そのマニアックぶりを発揮していただきたい。

競合がいない企業なんてありませんから、インターネット上には、同じような情報で溢れています。
でも、その企業独自のマニアックな視点を入れるだけで、グッと目を引くコンテンツに生まれ変わります。
ありふれた情報に、ほんの少しでいいから企業ならではの意見を入れて書く。まずはこう言ったことから書いてみてはいかがでしょうか。

競合他社より先に書いてしまおう

発信したら真似されてしまうのではないか、
このように思う方は本当に多いです。私も思っていました。
ですが、誰も書かないことを誰よりも先に書くことで、この会社は詳しい、なんでも知ってるな、という状況を作り出すことの方が大事。

繰り返しになりますが、競合がいない会社なんてありません。
同様の事業を展開されている企業は山のようにある。同業の誰かに真似されるかも?なんて心配は、真似された時に考えましょう。
(もしコンテンツがコピーされたとわかったら、Googleに連絡して、削除してもらうことも可能ですし、それ以上のコンテンツを作ってさらにその上にいってやりましょう)

そんなことを気にして躊躇するよりも、誰よりも早く、誰よりも多くの情報(コンテンツ)を発信した方がかっこいいし目立つと思いませんか?

ブログを続ける為に大事なこと

いかがでしょう。なーんとなくでも、書きたいことが見えてきたでしょうか?

よし書くぞ〜!と頑張り過ぎてしまうとこれまた三日坊主になりかねませんので、ブログを続ける為に大事なことを書いておきますね。

①「書かなきゃ!」を捨てよう

「書かなきゃ!!」と思って焦ってしまうなら、いっそのこと「書く」っていう考え方を一度捨ててみましょう。
「書く」じゃなくて誰かに「伝える」んです。

文章が下手?いやいや大丈夫。
まずは身近なご家族や友人に話すような感覚で、お仕事の内容を文章で伝えてみて。

②気張らないで!

毎日頑張り過ぎて、息切れ…ハァハァ…
結局1ヶ月続かなかった…なんていうことになりかねません。

頑張るのはもちろん大事!そういう時期も必要です。でも、頑張り過ぎて続かないのなら意味がありません。
さあ、一度深呼吸を!!^^

気張らずに自分らしく!

③毎日なんて書かなくていい

ブログを集客に役立てたい、早く検索順位を上げたいというなら早くたくさん記事を書く必要があります。その分、コンテンツが蓄積されるのが早く、Googleにも見つけてもらいやすくなりますし、またお客さまとの接触頻度も上がっていきます。良いことだらけ。

だけど、毎日書く!なんてことを課してしまうと、ブログに向き合うことがとても苦痛になってしまいます。

ブログは、未来のお客さまに向けたメッセージと言う意味も持っていますから、「書く」ことが目的になって苦しくなってしまっては本末転倒。
はい、もう一度深呼吸!

”毎日書く”なんてことはもっともっと慣れてからにしましょう。
書いていくうちに不思議と慣れていくので、まずは1週間に1記事。よし書けそうだ、じゃあ2つか3つくらい書いてみよう。いけるいける、じゃあ毎日!

そうやって少しずつ慣れていけばいきましょう。
でも、急いで結果を出したい方は、毎日しっかり頑張りましょう!笑^^;

なんにせよ、気軽に書き始めてみよう

とにもかくにも、せっかく書き始めたら放置してしまってはもったいないので、コツコツとなが〜くやるつもりで書いてみましょう。

ブログは、企業にとって資産になります。
ですから、ゆっくりしっかりと育てていこうじゃありませんか!
慣れてきた頃に気づく、最初に書いた恥ずかしいアレコレ…何度だって直せばいいのです。

まずは「伝えたい!」と思ったことをどんどん書いてみる。どんなことでも。気軽に、毎日でなくてもいいから、気張らずに未来のお客さまに向けて、伝えてみてくださいね。

オンラインアシスタントサービス

それでもやっぱり難しい!って場合は、社内パートさんのように当社スタッフを使えるオンラインアシスタントサービスをご活用ください。